東洋大学

吉川洋次 (東洋大)の中学や高校は?彼女やツイッターもチェック!

こんにちは、コタマです!

2019年箱根駅伝(第95回)でも注目選手が多数いる中、この記事では…

東洋大学2年生・吉川洋次(よしかわ ひろつぐ)選手にスポットを当てていきます!

今回は、吉川洋次選手の

についても紹介していきますね!

吉川洋次選手のプロフィール

  • 名前:吉川 洋次(よしかわ ひろつぐ)
  • 生年月日:1998年6月9日
  • 出身地:栃木県那須塩原市
  • 身長:169cm
  • 体重:53kg
  • 中学:那須塩原市立黒磯北中学校
  • 高校:県立那須拓陽高校(偏差値44)
  • 大学:東洋大学
  • 学部:ライフデザイン学部健康スポーツ学科
  • 5000m|14分15秒73
  • 10000m|28分53秒51
  • ハーフマラソン|1時間03分48秒
ニャン玉
ニャン玉
1年生時の全日本大学駅伝では、日本人1年生の日本新記録を叩き出したニャ。
三大駅伝 1年生 2年生
出雲駅伝 4区|4位 6区|区間賞
全日本大学駅伝 8区|4位 なし
箱根駅伝 4区|2位 結果待ち

しかも、全日本大学駅伝を1年生でアンカーを走ったのは、最近だと服部勇馬選手がいます。

服部勇馬選手は12月に行われた福岡国際マラソンで、14年ぶりの日本人優勝に輝き、オリンピックのエントリー選手として、世界に一歩近づいたほどの方。

ニャン玉
ニャン玉
先輩が開拓した道を、後輩である吉川洋次選手が新たな歴史を刻んでいく…なんかドラマがあるニャ。

他にも、1年生から三大駅伝である出雲・箱根でも、上位に入る功績を残し、恐るべきホーポが登場したなぁと目が離せませんでした。

出雲駅伝では最強・青学もヒヤリ!?

そして、2年生の時の出雲駅伝ではアンカーの6区を務め、見事区間賞を獲得しました!

5区を走った今西駿介選手も、昨年区間10位という芳しくない結果でしたが、なんと2018年は区間賞に輝きました!

今西駿介(東洋大)の父親も箱根選手!イケメンだけど彼女はいるの?こんにちは、コタマです! 2019年箱根駅伝(第95回)でも注目選手が多数いる中、この記事では… 東洋大学4年生・今西駿介選...
ニャン玉
ニャン玉
5・6区ダブル区間賞とは…カッコ良すぎるニャ!

総合優勝した青学とは12秒差でゴールし、2位という結果でしたが、一時は4秒差まで詰め寄るシーンもありました。

もともと、27秒差でアンカーの襷を受け取ったので、15秒も差を縮めたことは青学にとっても脅威だったことでしょう。

↓動画の1:36が鬼気迫る感じです!

青学の3年生・竹石尚人選手も、後方を気にする素振りを見せたりとヒヤっとした感じも見受けられました。

とはいえ、さすが青学強し!

【青学】竹石尚人がイケメンでかわいい!彼女や両親・姉もチェック!こんにちは、コタマです! 2019年箱根駅伝(第95回)でも注目選手が多数いる中、この記事では… 青山学院大学3年生・竹石尚...

吉川洋次選手としては総合優勝を狙っていた為、区間賞の喜び以上に悔しい気持ちがあったと言います。

勝負は箱根駅伝で!

…ってなれば良いのですが、竹石尚人選手は「山上り」の5区で、吉川洋次選手は手前の4区となる可能性が高いです。

勝負はお預けってことになりますが、両者の走りには箱根でも注目が集まることはまちがいないでしょう!

吉川洋次選手の中学・高校エピソード

吉川洋次選手の出身中学と高校についても触れていきたいと思います。

吉川洋次選手は栃木県の黒磯北中学校から、同じ県立那須拓陽高等学校を経て東洋大学に入学しました。

高校の卒業生に、女子マラソンで日本歴代2位の記録を持つ、北京五輪10000m代表の渋井陽子さんがいます。

ニャン玉
ニャン玉
渋井陽子さんは、歯がとりわけ輝いていることでも注目されたニャ(笑)

それでは、吉川洋次選手の高校時代の記録を振り返ってみましょう。

全国高校駅伝
1年生 6区|8位 総合9位
2年生 3区|11位 総合22位

3年生の時は、惜しくも栃木県3強の一角でもある佐野日大高校が全国への切符を手にしました。

ただ、吉川洋次選手は2年連続で安定の高順位を出していることから、その潜在能力が伺えますね。

ちなみに、この時のチームメイトの先輩に、2018年出雲駅伝を走った東海大・郡司陽大選手と、日体大・廻谷賢選手がいます。

2019箱根駅伝では、おそらく両者とも出場し、区間は違うかもしれませんが、高校の先輩・後輩の勝負も楽しみですね!

吉川洋次選手に彼女はいるの?

東洋大は駅伝の実力もさながら、顔面偏差値も高いのでも人気が注目されています。

吉川洋次選手についても、SNSでファンが盛り上がっていたりと、かわいい塩顔イケメンが魅力的ですよね!

ニャン玉
ニャン玉
高橋一生さんっぽい、和む雰囲気なのが良いニャ。

ニャン玉
ニャン玉
東洋大陸上部はSNS禁止なので、あまり写真がないのが残念だニャ。

やはり、彼女がいる情報はSNSなどネット上には見当たりませんでしたね。

きっと、今は駅伝に集中すべき時期ということで、彼女は作っていないのかもしれません。

でも、もし箱根駅伝で区間賞を獲ろうものなら、駅伝女子はスルーできないでしょうね(笑)

吉川洋次選手のシューズは?

東洋大学の選手は100%ナイキシューズを着用して試合に出場しています。

特に8月に発売された「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」は東洋大の選手以外でも、マラソンランナーの間で人気が出てきています。

なかでも、リオ五輪男子マラソンの金メダルリストでもあるエリウド・キプチョゲ選手も、

「完璧です…。本当に完璧です」と絶賛。

従来以上に軽く、通気性にも長けたシューズであると評価されています。

東洋大の鉄紺に対し、足元におしゃれなカラー・ブライトクリムゾン色を添えて、見栄えもバッチリ。

限定品なので、品切れしていることもあると思いますので、お求めの際はお早めに!

NIKE ナイキ ヴェイパーフライ 4% フライニット ランニングシューズ 24.5センチ 国内正規新品
Amazonで今すぐ購入する

まとめ

箱根駅伝では、打倒・青学の呼び声も高い強豪・東洋大学。

今回は、2018出雲駅伝で区間賞を獲得した未来のエース・吉川洋次選手(2年生)について紹介していきました。

駅伝界では、毎年のように様々ドラマが生まれていますが、2019年は吉川洋次選手の走る勇姿を見守りながら応援していきたいですね!

もう一度、吉川洋次選手の記事について内容を振り返ってみましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^0^)/