箱根駅伝

【青学】吉田祐也がツイッターでも人気!彼女についてもチェック!

こんにちは、コタマです!

2019年箱根駅伝(第95回)でも注目選手が多数いる中、この記事では…

青山学院大学3年生・吉田祐也(よしだ ゆうや)選手にスポットを当てていきます!

今回は吉田祐也選手の

  • プロフィールや実績
  • オランダのロードレースに出場!
  • 彼女はいる?
  • 中学・高校のエピソード

について紹介していきますね!

吉田祐也選手のプロフィール

  • 名前:吉田 祐也(よしだ ゆうや)
  • 生年月日:1997年4月23日
  • 出身地:埼玉県東松山市
  • 身長:164cm
  • 体重:47kg
  • 中学:埼玉県東松山市立東松山東中学校
  • 高校:東京農業大学第三高等学校(偏差値:56〜62)
  • 大学:青山学院大学
  • 学部:青山学院大学教育人間科学部・教育学科

出雲駅伝・箱根駅伝と並ぶ、三大駅伝の一つ「全日本大学駅伝」が11月に行われましたが、そこで5区を走った吉田祐也が見事区間賞を獲得しました!

↓全日本大学駅伝の1〜8区の区間賞者です。

1区 石井優樹|関西学院大 27分25秒
2区 荻久保寛也(2)|城西大 32分08秒
3区 館澤亨次(3)|東海大 34分09秒
4区 塩尻和也(4)|順天堂大 33分48秒
5区 吉田祐也(3)|青学大 36分23秒
6区 吉田圭太(2)|青学大 37分29秒
7区 パトリック・マゼンゲ・ワンブィ(3)|日大 50分21秒
8区 相澤晃(3)|東洋大 58分23秒

6区でも青学2年生・吉田圭太選手が区間賞を取り、ダブル吉田が盛り上げてくれました。

吉田祐也選手は前回の箱根駅伝には選抜されず、特にスポットの当たっていた選手ではありませんでした。

しかし、今回の全日本大学駅伝で同じ5区を走る東海大・鬼塚翔太選手(3年)を2秒差で抑え、区間賞に輝きました。

原晋監督からも「名前負けすんな」「さすが、レギュラーをつかんだだけのことはあったね」と、よく期待に応えた!というコメントがありました。

この大会を機に、吉田祐也選手の殻が破られたという感じがしましたね。

日本インカレでは3位に入賞

2018年9月に行われた日本インカレ(10000m)では3位に入賞。外国人選手にも食らい付いていける、驚きの実力を発揮されました。

2位には全日本駅伝大会で7区の区間賞を獲得した、日大のパトリック・マゼンゲ・ワンブィ選手。

タイムを見ると、パトリック選手とは1分13秒差ではありましたが、この表彰台に自力で上った経験が吉田祐也選手に火を付けたのではないかとも感じられますね。

日本代表でオランダへ!

2018年11月18日に開催された、オランダの「セブンヒルズ15kmロードレース」に、実は吉田祐也選手が日本代表の中の一人として出場されました。

結果は10位で、タイムは44:30という大健闘を果たしました。

男子では、他に順天堂大・橋本龍一選手が13位(44:56)で、日本人として喜ばしいことですね。

↓こちらは出場前の意気込みです!

ニャン玉
ニャン玉
2019年箱根駅伝の出場にも、ますます期待が持てそうだニャ。

選手層の厚い青学陸上部でも、吉田祐也選手は実績を残してきているメンバーなので、出場した暁には全力で応援したいですね!

吉田祐也選手に彼女はいる?

11月には2つも駅伝大会で結果を残し、メディアからも注目を集めだしてきた吉田祐也選手。

幼い感じの可愛いルックスで、女の子からも人気が集まりそうだなぁと思い、彼女がいるかどうか調べてみました。

が…、現時点では残念ながら有力な情報はありませんでした(涙

でも、現状SNS上でも結構人気があるんですね!

↑このワンちゃんの頭を撫でるシーンは、神ショットですね…(昇天

自己タイムとの闘争をする孤軍奮闘する選手が見せる、このギャップはたまらんですわ。。

箱根駅伝でも、もしこういう萌シーンがあれば是非アップしていきたいと思います。

吉田祐也選手の中学高校はどこ?

吉田祐也選手の出身中学と高校についても触れていきたいと思います。

吉田祐也選手は埼玉県の埼玉県東松山市立東松山東中学校から、東京農業大学第三高等学校(偏差値:56〜62)を経て青山学院大学に入学しました。

東農三高の陸上長距離は全国制覇を目指す、実績のある高校なので、吉田祐也選手もここで実績を残されたのではないでしょうか?

これから、スポットが当たるようになれば、生い立ちなどのコメントも出てくるかもしれませんので、その時は追記していきたいと思います。

卒業生に事件関係者がいる?

東農三高には、東洋大2年・橋本龍選手が卒業生としていますが、少し前に東洋大陸上競技部で部内暴行を起こして問題になりました。

スポーツ界でこういう事件が起こるのは悲しいことですよね…

まとめ

箱根駅伝でも注目度ナンバーワンの青山学院大学。

なかでも、三大駅伝の一つ全国大学駅伝大会で5区の区間賞に輝いた、吉田祐也選手について紹介していきました。

毎年様々なドラマが生まれていますが、2019年も吉田祐也選手の走る勇姿を見守りながら応援していきたいですね!

それでは、今回の記事のまとめを見ていきたいと思います。

  • 全国大学駅伝5区で区間賞を獲得
  • オランダの15kmロードレースに日本代表として出場

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^0^)/